Oh,袋!

当社が開発した防災用品「aicatch」シリーズの第1弾。試作品をMACCコーディネータと共に改良を重ねて誕生した携帯型ポリ袋。従来品の、水漏れ・破裂しやすいという課題を解決するため、素材と底部シールの加工に考案を加え、耐圧性を大幅に改善した。また、底がペール状(バケツ底)になっているため、水を入れても倒れにくい。一般的なポリ袋としての用途に加え、緊急時での活躍が期待される。また、官公庁や保険会社への販売も広がり、啓発用グッズとしても期待されている商品です。

  • 5色(グリーン・ブルー・ホワイト・オレンジ・ピンク)より選択
  • ポケットティッシュ状の袋から、緊急時に取り出して使う。
  • 水漏れ・破裂を防ぐ特殊加工により、安全で耐久性が高い。
  • 新しいノベルティ・販促ツールとしての活用を想定。

商品内容は、透明の袋1枚と各種5色のうち1枚の2枚入りです。

本品は外袋に企業広告を掲載でき、企業のノベルティ用品として無料配布することが可能。また、製作コストを低く抑えることができるため、企業の負担も軽減しポケットティッシユに代わる広告媒体として提案できます。

外観

  • Oh,袋!
  • Oh,袋!

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

特長

抜群の耐久性

抜群の耐久性

従来のポリ袋はシールド部分は耐圧力が弱く、水漏れ・破裂することがありましたが、しかし、本品はシールド部分をペール状にすることによって耐久性を大幅に改善。その結果、火災時に有毒ガスの吸引を防いだり、水道や湧き水で飲料水の確保や氷を入れて熱冷まし、エチケット袋としてなど、幅広い用途に使用できます。

  • 化学物質等安全データーシート取得済みの原材料を使用
  • 製品の厚さ、引張りの強さ、ヒートシールの強さ、水漏れの有無を東京都産業技術研究センターにて試験済み
  • PL保険加入済み

ポケットサイズ

従来の防災グッズは大きく、外出先までなかなか携帯できませんでしたが、本品はポケットサイズなのでいつでも携帯でき、突然の事態にも対処可能。また、防災グッズを携帯することにより、防災意識も高まります。

高周波ボトムシール加工を用いた製法(特許)
従来のポリ袋は、シール部分の耐圧性が弱く、水漏れ・破裂することがありましたが、底部シール時に、所定枚重ねによる製法を考案。低コストで耐久性があり、すわりの良い袋の製造を可能にしました。
ポケットティッシュと同じ形状の外袋(特許)
災害用品がコンパクトに携帯可能。(概略寸法110mm×75mm)
広告期聞が長い
お客様の保有期聞が長い。

活用シーン

  • 防炎マスクがわり
  • 渋滞時トイレの代用
  • 貯水袋


火事の際の防炎マスクがわりに

火事の際の防炎マスクがわりに
有毒ガスや煙を吸い込まないように便利袋を鼻口にあて酸素を確保し現場から脱出

緊急時の汚物・嘔吐物の処理に

緊急時の汚物・嘔吐物の処理に
車内やエレベーター、水道が止まった建物に長時間閉じ込められた時、汚物や嘔吐物の処理に

飲料水を確保する貯水袋や氷のうに

飲料水を確保する貯水袋や氷のうに
緊急時に水道や公園等で飲料水を確保また、氷を入れて熱さましにも利用


水漏れしない丈夫な袋は緊急時に必須!

活用メリット
  • 消費者が飽きている、すぐに使い捨てられる……ポケットティッシュの配布では限界がある
  • 同じ携帯性を持ち、保存性が高い新しいノベルティグッズがあれば?
【災害便利袋の配布メリット】
  • ティッシュと同形状で、受け取り・携帯しやすい。
  • もらったことのないグッズのため、お得感がある。
  • 緊急時まで携帯するため、広告効果が長く続く。
  • 震災後に関心が高い防災グッズのため、企業イメージがアップする。
  • 活用事例
    ■保険会社のノベルティグッズとして

    「家族の安心を守る」グッズとして、営業マンが携帯用災害便利袋を見込み客に配布、またはポスティングに活用する。地震保険や自動車保険などの商品告知に最適。

    ■通信会社・各自治体の配布用ノベルティグッズとして
    広く告知したい内容や連絡先を知らせるツールとして活用。
    ■東日本大震災募金の活性化ツールとして
    • 3.11の大震災から日が経つにつれ、募金への意識と同時に防災意識も薄れて来ている。
    • 企業や団体として設置する募金箱の横に、「携帯用災害便利袋」を置き、募金をした人に持ち帰ってもらう。
    • 募金活性化+防災意識&企業イメージのアップを実現!
    • 災害復興支援ビジネスモデル(特許出願)
    販売先案
    • 通信会社(NTT他)
    • 銀行・郵便局
    • 保険会社
    • 外食産業
    • イベント主催者 他

    ポケットティッシュタイプの携帯用災害便利袋「日本人1人に1個」の普及を!

    • 緊急時に役立つ
    • 企業イメージを高める
    • 防災意識を高める
    • 息の長い被災地支援として

    第44回 なるほど展 社団法人婦人発明家協会会長賞・特賞受賞

    jwia44b

    「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」の例えもあり、防災クッズの常時携帯は困難と思われます。その点本作品は、ポケットに入る大きさ、薄さにて老若男女を問わず、普段から身につけていられますので携帯して頂くことができます。

    本品は外袋に企業広告を記載して商業目的にも適用可能なためユーザーは経済的負担なく利用することが出来、携行の継続性は保証され、また、緊急事態発生への心構えが養成されると思います。